イラクディナール

イラクディナール25000×10枚を購入しました。投資として得するか損するか為替レートとチャートから価格を見ながら換金・両替するまでを記録していきます。FXより儲かるか。

ホーム > イラクディナール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

購入について

イラクディナールを購入したのは私の場合、「一番安い価格で購入できる販売サイトであること。」、「日本円にイラクディナールを換金出来る会社であること。」の二点から決めました。

しかし、もうひとつ購入する前にチェックする必要があることがありました。汗

それは販売している会社ごとに付いて採用している為替レートと両替・換金率についてどこが一番有利かということです。

というのは、ほとんどの場合、その販売者から購入したイラクディナール紙幣で無いと、日本円に換金・両替してくれないという規約をうたっていることが多いからです。

購入した紙幣の通し番号(私には読めない数字の文字です。笑)を控えていてチェックしている場合や、購入者ごとに購入者番号と金額を控えていて、その範囲内にてその時の為替レートから手数料を引いた価格に換金・両替してくれるケースがほとんどだからです。

もちろん、将来、現地に行かなくても国際通貨になってくれていれば、イラクディナールを購入した販売社でなくても国内の銀行にて恐らくもっと有利な条件で換えることが出来ると思いますが、こうなるかどうかはまだ不透明ですし、なったとしてもまだまだ当分先の事になると思われます。

このようにして考えて行くと、もうひとつ、リスクがありますね。

それは私(もしくは購入された皆さん)がイラクディナール紙幣を購入した会社が倒産・閉鎖したときや、何らかの理由によってサービスを中止した場合などが考えられます。

これは値上がりして為替差による利益が確定するまでには長期的に保有することになると思われる通貨商品ですので、この確率も結構高いのではないでしょうか。

まだ急ぐ必要はないかとは思っていますが、一応、対策として、「購入場所に関わらず、交換してくれる場所(それもなるべく有利な換金手数料で・・・笑)」、もしくは「現地へ旅行やもしくは出張に行く方」のどちらかを探して確保しておくことかな~っと思っています。

投資としてイラクディナール紙幣を購入して保有している皆さん(私の他にも居られましたら)は、どのような対策を準備されていますか?

もし、他にも何か有利な方法があれば私も思い付いた時には当サイトへ投稿しておきますね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
スポンサーサイト
[ 2010/05/16 18:45 ] 購入 | トラックバック(-) | コメント(-)

デフレ

デフレが続くとイラクディナールに限らず、やはり金か現金の価値が相対的に上がってきますね。
金相場の高騰はまだまだ高値で推移しそうだし、日本人の貯蓄へのシフトは株式などへの投資から確実に動いているようです。
まあ、それも円が元気な今だからこれで良いのかもしれませんが、長期的に見てドルも円もユーロも不安材料が多い為替通貨だと私は考えています。
こまめに為替の売買が出来る方は、ある意味チャンス(ピンチ?)がこれからも続くことでしょう。

そこに一石投じる自然現象が起きました。
火山の噴火です。

これを過去のデータと照らし合わせると、世界的な農作物などの被害がこれから数年にわたって出るかもしれないとのことです。

悪い材料での要素ですが、デフレに対して物価高騰の反発材料になるかもしれません。

また、我らがイラクディナールの価格の源泉たる、石油価格にも影響があるかも。

これまでの二酸化炭素による地球温暖化から、空気中に漂う火山灰の影響で気温が下がるかもしれないのです。
つまり、暖房としての燃料がこれまで以上に必要になる。
さらに太陽光発電の発電能力が落ちることも予想されますので、その分も上積みです。

ただし、単純にはいかないのが現在の複雑化した世界経済です。

既にヨーロッパから、もしくは向けの荷物が動かなくなってきているとのこと。

また先日の日本航空の問題があったばかりのところへ、航空会社、旅行会社などへのダメージも大きいような報道がありました。

やはり、イラクディナールがどうのこうのやデフレについてあれやこれやと文句を言っている場合でなく、世界的に負の影響が出るような災害や事件は9人が損をして1人が得をするようになっているのでしょうね。

今回の件についても、ますます所得格差(貧富の差)が広がる原因になりそうな気がします。

デフレだけでも給料が下がってしんどい時に、デフレ以外の悪の因子が世界経済、日本経済、そしてイラクディナールに対して起こらないでほしいものです。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2010/04/20 12:10 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日の為替レート

イラクディナールの為替レートの先月から今月にかけての変動(チャートの推移)ですが、
直近は少し下がり気味で動いていますが、基本的に先月との対比ではあまり大きな値動きをしていないようです。

まあ、元々、国際的に取引のある通貨ではありませんので、
特にイラクに関する市場の注目度が上がる事件があったり、
イラクディナールの為替レートに影響を及ぼすような世界的な情勢の変化が無い限り、
円ドルを基準とした値動きとほとんど連動して変化している状況には変わりありませんが。笑

だから、最近、想うこととして、イラクディナールが何らかの原因によって値上がりするというよりは、
日本円が大きく変動することにより、相対的に値段が動くという可能性の方が高いのかな?
と、考えることが有ります。

しかし、この場合、元来の目的である「数千倍のレートの変化」までは望めないので、
これではいけないのですが。


それにしてもこの半年間ぐらいの間、アメリカと中国の駆け引き(世界と中国の駆け引き?)ばかりが目立つ話題になっていますね。

間もなく開催される上海万博を起点に、現在の上がり続けている潜在的な元の勢いがどの様になっていくのか。

安すぎるとされている価格の調整が、一体、いつ、どれくらいの金額で行われるのか。

最悪のケースとして、大きな対立から始まり、世界的な緊張が高まるのか。

などなど、ホットな話題に事欠かない状況を見ていますと、さもありなん、納得出来ることばかりです。

私の個人的な見解としましては、やはり5月初旬を挟んだ前後で動きが有ると思われるのと、
もう一回は9月末頃になるのではないかと予想しています。

そしてイラクディナールに対してではなく、日本円の価値は相対的に下がる年になるのではないでしょうか。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2010/03/25 01:42 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

購入は逆張り

イラクディナールを購入してから、もう少しで1年を迎えようとしています。
購入したイラクディナール紙幣が手元に届いてからしばらくの間は、しょっちゅう眺めていたのですが、最近はあまり見なくなりました。笑

さて、今年の為替レートや相場の予想について、色々な方が予想されていますが、ここでは購入したイラクディナールを中心のテーマとして描いてみたいと思います。

そもそも、紛争後の政局の安定といった政治的背景と、世界最大規模を誇る原油・産油国としての資源パワーおよび石油の枯渇を前提とした値上がり相場がキーとなっていることはこれまでにも書いてまいりました。

しかし、ちょっと楽観視するには情勢が悪くなる報道が多いように思いますね。汗

まず、世界的に環境問題(CO2削減)と経費節約のため、自動車のエコカーを始め、各国で省エネ政策が進もうとしていること。

そして、代用エネルギーとして、新しく太陽光、風力、バイオエネルギー、ハイドロメタンなどの開発・利用に力を入れてきていること。

さらに、一時期はストップしていた原子力発電所の再開発を大国を中心に進展していきそうなこと。

これらは、脱石油に関するニュースばかりです。

イラクディナールを購入した身としては、ちと辛い流れですね。しかし、これがトレンドです。

この様なことから、元々は最初に書いた要因が値上がりを期待させるものでしたが、弱含みの理由に感じられるようになりました。

まあ、ここで投資に対しての考え方を変えてみました。

日本の国力の低下による、新興国、後発国の台頭による為替変動に期待する。(今一ですが)

世間のトレンドの逆張りをしているので、これはこれでリスクヘッジになっている。(う~ん)

と思い込むというのはいかがでしょうか?

今、世界の経済の動きは予想をはるかに超えたスピードと展開で変動していますから、「全く無い」とは言えないですよね。

最近はとにかく、チャイナマネー(中国資本)の流れが為替レートやチャートの大きなポイントになっているようですので、その動きに注目です。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2010/02/22 17:12 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

値上がりしてません

イラクディナールの為替レートの近況ですが、この2か月くらいは世界経済の動向に合わせて前後10%程度を最大のふり幅に推移しているようですね。

現在の為替レートですが
1 JPY = 12.9701 IQD 2009/2/12 (1円=12.9701イラクディナール)
となっています。

前回と比べて、値上がりしてません。涙

いやはや、すっごい期待をして購入したのは良いですが、本当に長期投資になりそうです。

そのうちギリシャみたいにならないか?
もしくは為替やFXなどの通貨ではありませんが先日の日本航空JALの株券のように無価値になってしまうのか?

中国だけの一人勝ち(かの国の実態の経済は良く分かりませんが)見たいな状況では、中国の資源戦略の流れの中、大量の資金流入か投資、大規模な開発援助でも行われないかな~、そしてレートに好条件が現われないかな~、と期待しています。

そうすればイラクディナールの為替レートも値上がりするかと。笑

本当に他力(他国力?)頼みですね。

日本の景気や将来の国力の展望を考えると、そして政治を見ても、全く世界的な影響力を感じないのは私だけでしょうか?

年金も当てにでき無さそうなんで、のんきにブログを書いている場合じゃないかもしれません。笑

短期投資もさることながら、長期投資も金だけが信頼できるのかしら。

でも、高くて購入することができません。

イラクディナールが早く100倍(厚かましい)くらいに値上がりしてくれたら、金を購入しましょう。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2010/02/13 09:29 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

為替レートの近況報告

イラクディナールの為替レートの近況ですが、世界的なUSドル安の影響からか、微妙に上がっている感じですね。

現在の為替レートですが
1 JPY = 12.9614 IQD 2009/11/23 (1円=12.9614イラクディナール)
となっています。

私が25000イラクディナール紙幣を購入した時は、(1円=11.9~12.1イラクディナール)くらいだったので8~9パーセント?程度の値上がりにはなっているようです。

しかし、このチャートの変化はあくまでもその期間の日本円/米ドルの相場の変化による為替レートとほとんど変わらないので、これでは無理にイラクディナールを購入しなくても普通にFXやっているほうが良いのかも・・・というようなチャートですね。(汗)

現地の経済状況についての特に新しい情報やニュースが入ってこないので詳しくは判りませんが、まだまだ、経済復興や政局の安定に対して良い方向性が現われていないのだと思います。

イラクの持つ石油資源の存在感は長期スパンでみれば確実に必要なものなので、あまり心配はしていないのですが、上記理由のほかに、エコ・エネルギーに対しての各国の取り組みとかも、もしかすると影響しているのかもしれません。

やはり当分の間は塩漬けにして、気長に温かく見守っていかなければならないようです。

デフレスパイラルに入ったとの政府発表もある中、給料やボーナスがどんどんと目減りしているので早く値上がりしてくれないと・・・それまで持つかな~と心配です。(笑) イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/11/24 08:12 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールへの中国元の影響

イラクディナールと円の為替レートですが、やはり円/ドルの相場に引っ張られていますね。

9月終盤からの円高ドル安傾向の影響から、イラクディナールも微妙に値下がりしていました。

最近は一時期の1ドル90円割れから90円台への回復?でやっと円/イラクディナールも0,08円台に戻ってきていますが、なんとなくドルの世界の基軸通貨としてのこれまでの役割分担が崩れかかっていることから見ても、良くも悪くも近々、変動がありそうですね。

これは、オーストラリアドルやカナダドル、ユーロなど他の通貨においても同様のことなんですが・・・(汗)

しかし、円/イラクディナールだけでなく為替レートに一番、大きな影響を与える可能性が高いトピックスとしてはやはり今、最も注目されている「中国・元」のこれからの動向と存在です。

何か、中国・元の切り上げが外的圧力や内的問題からの影響で起こりそうな・・・との報道や、世界の基軸通貨を狙っているとのうわさなどから見てもあり得そうな話なんで注目しております。

テレビを見ていても、新聞を見ていても中国の報道が無い日は無いといっても良いほど取り上げられていますし、先日の上海モーターショーと、現在開催されている東京モーターショーとを比較してみても、規模の上でも世界中の注目度の違いとかから、お金の流れが変わる気配が満々と言った感じですね。

イラクディナールも恐らくこの変化の影響を多分に受けてくると思われますのですが、どういった方向になるのでしょうか???

アメリカの時代は終わりつつあるイコール、日本の時代も終わりつつあるような気がしております。

でも元に変えるのは心配なんで個人的には出来ませんが(笑)。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/10/25 07:56 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

円高の影響

このところの円高の影響でイラクディナールの為替レートはどう推移するかと思っていましたが、久々に見てみると微妙に値上がり気配で動いているようです。

現在、12.632と前日比0.36%の値上がりですね。

チャートの変化を見ていても私がイラクディナールを購入した時と比べると約1割増えたことになります。

まだまだ、数百~数千倍の値上がりを期待している身としては話にならない程度の価格なんですが、それでも一時期、値下がり傾向だったことを思えば少しは気が楽になります。
(しかし、実際は為替レートよりも遥かに高い金額で購入しているので、まだまだ赤字なんですが。)

民主党が政権を握って、CO2排出量を25パーセント削減するとの発表がありましたし、世界的に見ても同調する世相があるので、つまりは石油の消費を抑える動きが出てきているのは、ありがたいような、ありがたくないような微妙な感じがします。

燃料消費が減れば自然と原油の価格にも影響を及ぼしますからね。

でも石油化学製品を他の物質で代替えする技術はまだまだ進んでいない?はずなので、材料の資源としての価値は存在するとは思いますが。

イラクディナールへの投資をしている身としての個人的な目論見と、地球環境全体を天秤にかけてはいけないのかもしれませんが、本当に悩ましいところです。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/09/25 01:10 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールへの外貨投資について

イラクディナールへの外貨投資について興味を持っている人、詐欺だと考えている人、そして私のように実際に購入した人など色々な評価や思惑がそれぞれにあると思います。

このところまた円高傾向にありますので、イラクディナールへ外貨投資をしていたり両替・販売をしている立場のショップなどにとっては為替レートから見ても現時点ではあまり良い方向性ではないですね。

現状についてのイラクのニュースでも日本での国会や政党にあたるところでの派閥間のゴタゴタが続いているようですし、そのせいかは判りませんが私が両替というか購入した時よりも格安で紙幣の換金をしてくれる両替商さんも出てきていました。(ちょっと~!という感じですが(笑))

一般的な海外投資とも異なる通貨への一攫千金的な投資方法ですので、過度に値上がりを期待したり、取らぬ狸の皮算用を計算していなければ特に焦る必要はありませんが、やはりイラクディナールのチャートの値上がり傾向に繋がるニュースは欲しいですね。

そんな中で、新日本石油、国際石油開発帝石、日揮という日本企業3社連合がイラク南部に位置するナシリヤ油田の開発権益を獲得する見通しとなったとの情報がありました。

もちろん、日本側の目的としてはエネルギー安全保障上の問題を改善するための大きなプロジェクトだが、ひいてはこれがイラクディナールへ海外投資をしている我々にとってもプラス要因になってくれることを期待します。(この変化による日本円とイラクディナールの為替レートが将来的にどのような影響を受けるかは良くわかりませんが、変化の要因のひとつには違いないですよね。)

政治的に安定感のない国への海外投資は投資家にとっても進出しようとしている企業にとってもハイリスク・ハイリターンなものですね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/08/26 12:33 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの不完全アンケート結果

イラクディナールについて他の人(販売者ではなく一般の人や購入者)の記事を色々と読んでみました。

なんとなく目に止まってそこから探して読み始めるモードに入ってしまったんですね。

ですから、統計を取ったり、計算をしたりはしていませんが、チャートの値動きを見ているがのように、喜んだり悲しんだりしながら100個くらい見ました。

まあ、中にはイラクディナール紙幣を販売や広告している?と思われる方も多く居ましたが、その辺はこちらの判断でおよそですが調整させていただきました。

掲示板やQ&Aのサイトは90パーセント以上の確率で悪い予想、評価をしているようです。

購入に迷っている質問者が「イラクディナールは投資として安全な運用ですか?」みたいな問いかけに、ダメだしをしているパターンが圧倒的に多いです。

一方、ブログやホームページなどは70~80パーセントくらいの悪い予想や評価をされている方が多いといった感じです。

あと、良い予想をされている方も、私と同様に実際に購入してしまった方が、値上がりの期待値をもってご自分なりの値上がり予測をされている感はいなめません。

でもね、実際問題として、株式やFX、先物取引をするだけの資金も時間もない私にとっては、宝くじを買うよりはマシだと思っているわけです。

当選発表日までの数週間を年に何回か楽しむか、一度、購入すれば結構長い期間楽しめるかと考えれば悪いものではないと思っています。

また、販売業者や両替商に実際のイラクディナールの為替レートより高い価格で買わされているのは事実ですが、銀行や国内のお店での取り扱いがなく、購入場所がそこしか見つけられなかったんだから手に入れるなら選択肢がそこしかなかったんです。

値上がりしない、手数料を取られるのはどんな投資でも付き物ですし、本命だけを狙う人もいれば、大穴を狙う人もいるといった感じで良いんじゃないでしょうか?

もっとも、どこでも日本円をイラクディナールと換金できるくらいの社会状況になっているようなら、こんな数百~数千倍の利益が出る可能性も無くなっているような気がします。

ということで、私も買ってしまった身なので最後は養護する意見になってしまいました。

リスクの高い投資なので販売店には悪いのですが全体的にはおススメされないというのが実情のようです。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/31 13:15 ] 購入 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナール紙幣の販売と両替

イラクディナール紙幣の販売は外為法の改正により外貨の両替を銀行などでなくても出来るようになったことから、ネットや金券ショップでも販売、購入することが出来るようになりました。

海外旅行で良くお世話になる、jtbなどの海外旅行を取り扱っている販売窓口の横なんかにも外貨の両替ショップが併設されていたりしますよね。

しかし、イラクディナールを購入したり両替したりが必要な方、つまりイラクへ旅行したりイラクから来日される方はほとんど居ないのと、通貨として世界市場での信用度が低いことから販売しているお店はほとんどありません。

銀行や市中の金券ショップでも取引きしているところや価格を表示している場所も見かけません。

この様な状況ですので紙幣を持っていっても買取してくれる店舗はさらに少ないですし、交換に掛かる手数料もまちまちですので紙幣を購入する際、比較の大切なポイントになります。

特に一般的な投資として対象になるような通貨の場合、銀行などで換える方が交換手数料が安いし現金をそのまま持つ必要がないので便利ですよね。

つまり、イラクディナール紙幣を購入するという投資は、このような市場と通貨の流通と信用度や価値の狭間に注目した為替レートの変動を狙った投資ということになります。

だから非常にマイナーな通貨の換金は取引方法も難しいのであまり投資する人がいないんですね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/28 05:02 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナール購入の投資のメリット

イラクディナール購入の投資のメリットは、FXや先物投資と違って、投資した金額以上は掛からないことと、早過ぎる値動きがないことだと思います。

購入価格や購入時期は今のところ早い方が安いとされていますが、それだけ価格上昇を待つ時間、資金を寝かす期間も長くなるということですね。

もちろんfxやデイトレードなら自動売買ソフトなどを使って売り買いする方法があるそうで、そういったことも出来ますが、やはり資金量に余裕があって、レートやチャートなど為替の推移をある程度頻繁にみなければなりませんよね。

イラクディナール紙幣の購入の場合、急いで利益確定をしなければならないような状況には無いので現状では短期的なな利益は全く期待出来ませんが、数日間、ほっといたからといって問題はありませんね。

この辺りの投資に対する考え方は人それぞれなので、無理にイラクディナールの購入で為替レートで稼げるかもという私が実践していることを皆さん全員にオススメするわけではありませんが、もし興味や関心があればお試しくださいませ。

私があまり深く考えずに25000イラクディナールの紙幣を購入の方法も場所手探りで、投資して、その後、ある程度関心を持って見ていて感じたことですが、あくまでも「お試し」、「値上りしたらラッキー」みたいな程度で自分の余裕のある時期の購入をお勧めします。

もちろんトラベラーズチェックなどと違って現物を持っているので価値がゼロになることは、まあ無いと思いますが、大きな金額を一括で掛けるにはリスクが多少ありますし、利益を確定させるまでには時間が非常に掛ってくるタイプの投資の仕方だと思います。

その辺りを考慮の上、購入価格と購入時期を見計らってチャレンジしてみてくださいね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/21 09:48 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの為替レートが少し値下がり

イラクディナールの為替レートは少し変動していて今日現在で2025.75円となっていました。

私が25,000イラクディナールを10枚購入した時よりも微妙に値下がり推移していました。(涙)

米ドルの影響を受けて、対・円での為替交換レートも過去データで予想されるとおりに下がっているようですね。

このところのニュースでも、国内の選挙についてが多く、あまり中東の経済情勢を組んでいるニュース番組や情報が少ないので、どのような為替レートの変動や推移に影響が出ているか予想のデータが分かりません。

現状ではワールドカップ景気やオリンピック景気を期待しても内政が安定していない国では開催に無理がありますので、直近の8年ぐらいはこの手の景気底上げによる為替レートの値上がりや内需・外需を含めた拡大は期待できません。

そうこうしているうちに、先進国を中心に代替エネルギーの研究・開発が進歩して普及してしまうと石油化学製品としての需要に頼るようになってしまわないかと心配してしまいます。

地球環境問題と、私の小さなイラクディナール紙幣への投資ではどちらが大切かといえば全く比較にならないのですが、それでもやっぱり期待はしているので、どんな方向性であれ値上がりしてほしいものです。

あまり我々の日常生活において関心の少ない外国だけどイランもイラクも喧嘩ばかりしていないでもっと平和になればいいのに。

そうすれば、世界的な経済にとっても良いことづくめだと思うんですが。

もちろん、私の少額の資産(イラクディナールへの投資)にとってもプラスなんですが。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/16 15:07 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナール販売の問題点

イラクディナール紙幣を販売するために直接購入して自分で販売出来ないかみたいなことを先日ちょっと書きましたが、実際は販売するのに免許とか資格や届け出などが必要なのかもしれませんね。

もし必要ならハードルが高そうですが、やるなら通信販売になりますのでネットの販売会社を見ていると一定額以上の取引がある場合は関係機関に申告が要るそうですが、それ以下の場合はイラクディナールの販売には特に制限は無いようですね。

つまり少額の取引だけをしていれば通信販売での取引を行えるような予想が立ちます。

ただしこのプランを実行するにも決定的な難関ポイントがあります。

それはイラクディナールを仕入れる為の購入資金がないことです。

投資、購入、販売にしても、為替レートのチャートの値動きにしても 、まずは資金がなければ始まりません。

イラクディナール紙幣の販売を計画する前にまずは先立つものが不足しているので。(汗)

しかし同様に考えると、他の国の通貨や紙幣でも個人でも通販で両替商が出来るんでしょうか。

そうなると日本国内で通常の銀行や金券ショップなどで両替や換金の取引ができない外国の紙幣は全て仕入れの候補になってきますね。

その中で私がまだ知らないお得なチャートやレートのお金や通貨が他にもまだまだあるかもしれません。

いやいや、どちらにしろ商売としてするには購入資金不足ですね。

誰かに投資して貰わなければ始まりませんが借金をするとプレッシャーになってしまいますね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/11 17:48 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナール紙幣の販売

イラクディナールを販売している両替ショップは、おそらく現地に関連会社かスタッフが居て、そこで購入して日本へ空輸しているんだと考えています。

でも、紙幣やお金って国際郵便で送ることが出来たんでしたっけ?(確かダメだったような)

イラクディナール紙幣の現物ですので銀行振込とか為替郵便とかは出来ないですし、現金書留じゃコストが合わないだろうから通常の国際郵便とかで送金しているのかと予想されます。

でも、現金を本当に送れるか送れないかということも問題ですが、途中で紛失とかのリスクを考えると、大量に取引している両替商がそんな馬鹿な方法をするはずがありませんよね。

やはり取り扱っている外国へ行ってアタッシュケース一杯に紙幣を詰め込んでハンドキャリーで持って帰ってくるのかしら?

でも、もし個人でもイラクディナールを同様にして購入できれば大量購入なら現状の為替レートにもっと近い価格で購入できるかもしれません。

そしたら私もイラクディナール紙幣の販売をしたらそれで利益を出して儲けることができるかもしれませんね。

でも、一体どれだけの人が将来の相場の読めない予想できないものに投資として関心を持っていて、どれくらいの人達がいくらくらい購入しているんだろう?

私のようにfxや株式、先物取引などに投資できないけど、為替レートの変動差額の利益を夢見て買うような人が多いのでしょうか?

いくつかのインターネット販売事業者が居て、ネット広告に費用を払っているところを見ると彼等は採算が取れているんでしょうね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/11 17:41 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

ディナールの種類

イラクディナールについて色々書いておりますが、ディナールと一口で言っても実は通貨として複数の「発行している国」と「種類」があります。(知らなかったのは私だけでしょうか)

アメリカドル、オーストラリアドル、カナダドル、シンガポールドルとかと同じみたいなものでしょうか。

このような感じでディナールにもイラクを始めアルジェリア、クウェート、セルビア、チュニジア、バーレーン、マケドニア、ヨルダン、リビアなどの国々で通貨として紙幣が発行されています。

また、ヨーロッパのユーロと同じく共通通貨としてサウジアラビア、クウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンの湾岸協力会議(GCC)6ヵ国で湾岸ディナールというものを発行する構想もあるそうです。(本当に行われるかはまだ未定)

元々、ディナールとはローマ帝国時代のお金(銀貨)から付けられた通貨の単位だそうです。

しかしいつまで経ってもイラク、イランなど中東は本当に政治、内政や国際問題、特に近隣諸国との関係が落ち着きませんね。

経済の発展には国内の安定が欠かせませんし、また為替レートの正常な取引には国際的な関係や通商が必要ですので早く解決してほしいものです。

そういった意味でも、予想の出来ない為替の換金レートやチャートの変動などをはじめ問題がまだまだたくさんありそうな感じですね。

早く値上がりして欲しいのですが、協調介入している先進国や投資している私の思惑通りにはなかなかいかないのかもしれません。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/08 23:39 ] 両替 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの為替レートの変動

イラクディナールの為替レートの変動は今日のところのチャートを見ているとあまり大きな値動きが無いようですね。

購入した時の約3.5倍以上にイラクディナール対日本円が値上がりして始めて利益が出るような値段で購入しているので私はまだまだ両替や換金することは出来ません。
(今、交換すると半分以下まで損をしてしまいますから)

もっとも、目標は200倍以上の為替値が付くことですから短期的な細かいチャートの動きや相場にはリアルタイムで注目していませんが、多少でも上がってくれるのは嬉しいです。

失業率、政局、財政赤字など色々な経済指標を見ても良いニュースが本当に無いので、いらくでイラクディナール紙幣を購入するような一発狙いの投資を始め、何らかの資産や収入のリスクヘッジが必要だとおもいます。
(レバレッジの高いfx取引や、マイナーアイテムの先物取引などの証拠金タイプの投資と同じくらいのリスクがあるのかもしれませんが。)

私ももう少し長期的に投資できる資産があればイラクディナールの購入以外に中国・元などこれから延びそうな感じのする外国為替に交換して現地の銀行にでも口座を開いて入れたりする選択肢もあるのですが、先立つものがありませんのでね。

とは言っても、まだそれほどのお金もないので、まずはイラクディナールのレートのチャートを見ながら購入した時の200倍(笑)に1年以内になってくれて、それで儲けが出たらBRICSの現地の銀行口座を作って、そこに儲けたお金を入れるようにまでなれれば理想的ですね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/05 07:37 ] 為替レート | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの紙幣

イラクディナールの紙幣には私が購入した25,000ディナール以外にも、 50ディナール、250ディナール、500ディナール、1000ディナール、 5000ディナール、10,000ディナールでそれぞれの額面の紙幣が発行されています。

25,000紙幣は全体的に赤っぽい印刷がされていて、表面には小麦を束ね抱えるクルド人の農婦、裏面にはハンムラビ王の肖像?彫像?取りあえず顔が印刷されています。

現物としては25,000イラクディナール紙幣しか持っていないのですが、私の手元の分を日本のお札と比べると1万円札より、少し大きいサイズですね。(外国では珍しい)

紙幣をマネーカウンターに入れると大きさが違うのでギリギリ数えられるサイズです。

もちろん財布に入れてみると、少しはみ出すくらいの大きさがありますので新札では持ち歩けません。

これらは2003年~2004年に製造がはじまった、まだ新しいイラクディナール紙幣で、それほど価値の高い為替レートの通貨ではありませんがきちんと偽造対策がされています。

中国の元とか米ドル紙幣と比べると、はるかに立派な出来栄えのお金というか通貨に見えます。

一応、新札で購入したので、最悪、為替レートが上がらずに損をしても、コレクションくらいにはなるかと思って、ちゃんと連番のものをしわにならないように保管しています。(金庫はありませんが)

もっとも連番といってもイラク語?で数字が書かれているので私では読めないのですが。(笑)

投資ではなくてイラクディナールを購入するなら、各金額の紙幣と硬貨をバラバラに一通り揃えてみても良いかもしれませんが、私はあくまでも外貨への換金による国際投資のつもりでやっていますので、25,000紙幣のみ購入しました。

そのうち私がお小遣いに困ったら誰か過去のレートで日本円と通貨の交換をしくれますか?(笑) イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/02 15:00 ] 購入 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールのレート

イラクディナールのレート(通貨価値)ですが、ここ数カ月は交換価格にあまり値動きがないですね。(笑)
そんな中で一つ未来の利益を目指している私にとって懸念していることがあります。

それは、イラクディナールのレートとアメリカのドルのレートがある程度連動して外為のチャートが動いているような感じがすることです。

私の理想的な予測としては、開発途上国や後進国やイラクのような資源国が日本をはじめとする先進国にある程度経済的に追いついてきて、円とイラクディナールのレートの換算した価格が好転することなんですが、先進国にはもちろんアメリカのドルも含まれます。

まあ、いずれ輸出・輸入の関係が逆転してきて換金レートを計算した時に通貨の切り上げが行われるとは思いますが、今後もずっと米国のイラクに対する影響が続いてしまうと、このシナリオが成立して交換した時に利益が出るのがかなり先になってしまうかもしれないということです。

原油の調達先として維持するにはイラクディナールがずっと安いままの方が日本にとっても都合が良いので、このへんにどのような外国からの為替的な圧力が掛っていくかが見ものです。

僅かではありますが、投資をした身としては日本経済が発展してくれて結果、給料が増えてくれるのもありがたいし、でも夢を買って購入しているので複雑な感じもしますね。

取りあえずイラクディナールの為替レートに関しては短期での換金利益を目的としては考えていないないので、最低購入価格と交換手数料以上の利益が確定するまでの当面は日本経済が好転して収入が増える方がありがたいですね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/07/02 14:31 ] レート | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの為替

イラクディナールの為替の価値は最安値の為替の相場でそのまま購入していた場合、元に戻れば数百倍の価値になる外貨だと予想されているようです。

イラクディナールが今現在の為替の価格から上昇していくかもしれないと考える理由は資源国であり、復興が始まったばかりの最低な条件の中にいるからということです。

株と同様、為替も現在の世界情勢では将来の見込みが確実にわかるわけではありませんが、それでも非常にシンプルな状況からの予測ですので素人の私でも「まあ、計算するとそうなるのかな~」と思って外貨として購入したわけです。
(すでに過去の最安値から換算して2~3倍程度までに値上がりしていましたので、計算上はそれほど大きく変動しないと思いますが、それでも期待値は大きいのでチャレンジしてみました。)

リアルタイムで細かい情報がニュースとして日経を見ても入ってきているわけではありませんので、日々の価格の上昇や下降といったチャートは分りませんが、1か月単位くらいの期間で換算して為替動向の推移を見ていく予定です。

為替による投資した資金に対する利益が換金手数料やその他を引いて、個人的な目標値である50倍以上になるには、市場の様子からみてうれしい変動にはまだ当分掛かりそうですが・・・(笑)

イラクディナールの為替についてはこんな緩やかな感じで眺めています。

だから、他のことでは儲けが出せないんでしょうかね?(一応、リスクヘッジのつもりの投資です) イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/29 13:10 ] 為替 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールに両替

イラクディナールに両替する方法には換金の取り扱いのある両替商で日本・円から直接イラクディナールに交換してもらうのが一番手っ取り早いと思います。

残念ながら日本の銀行や郵便局、または成田空港や関西国際空港の通貨の両替所など、または大黒屋などの金券ショップでも両替できません。

ですからネットショップ等の通販でも何ヵ所かで販売していますので、ある程度の手数料は掛かりますが、レートに合わせて直接、両替をすることができます。

他にイラクディナールヘ両替する方法はあることはありますが海外の銀行で一部取扱があるところがありますのでそこで口座を開くか、現地(イラクやその周辺国)へ海外旅行でも行って両替するかになります。

きちんと確認はしていませんが、この場合、一旦、円からドルへ換金してそれからイラクディナールへ両替することになりそうです。

すると、どの道2回も通貨を両替することになりますので手数料としてすでに結構な金額が掛かってきます。

また国内の銀行や郵便局など誰もが出来るところではないですし、わざわざ海外旅行にいくような国でもありませんから、そのために時間と労力も掛かるのでレートよりも多少高くてもネットショップなどで購入するのが一番安上がりで簡単だと思います。

もっとも数百万円?以上も両替するなら手数料も大切になってくるので話は別ですが、私のようにお小遣程度の投資でイラクディナールの両替をする範囲ならレートの方が大切なので時期を逃さないようにする方が大切ですよね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/25 23:55 ] 両替 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの換金

イラクディナールを換金する方法は現在のところ、海外の一部の銀行で換金するか、イラク現地もしくは取引のある周辺国で交換するかしか方法がないそうです。

国際通貨として一般的に流通していないのでこのような方法しかないようですね。

あとは購入した両替商や販売者がイラクディナールから円への換金(両替?)サービスを行っている場合がありますのでそちらを利用して購入するのも良いでしょう。

私が購入した業者さんもこのサービスを行ってくれていますので潰れない限りは率が有利かどうかは別としても申し込めばやってもらえるんだろうなと思っています。

あと、現時点ではできないのですが、将来的にはいずれ日本の銀行などでも換金レートに合わせて手数料程度の費用出来るようになるかもしれないとのことですし、金券ショップなどでも外貨を取り扱えますので換金所に困らない時代がくるかもしれません。

当面(数年以上)はこのまま持っておいてレートが値上がりするのを待つことになりそうですから自分が換金するときまでにどこででもできるようになっていてくれるとありがたいですね。(笑)

しかし、長期的に見た為替相場と換金率の動向は私には判りません(皆そうだとおもいますが)ので為替の両替の必要があるかどうかも分かりません。

通貨の統廃合や日本の状況によっては換金せずにイラクディナールのままで持っておく方が良い時代になっているかもしれませんしね。

出来れば外国の銀行に預けて運用できれば一番良いのかもしれません。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/24 17:55 ] 換金 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの販売

イラクディナールを販売している業者さんを見ると、もともと両替商みたいなことをやっている業者と、面白い投資ですと言って販売しているところとがありますね。

もっとも見つけたのは店舗ではなく、通販で販売しているネットショップさんだけでしたが。

私も知らなかったのですがイラクディナールの販売を含めて外国紙幣の販売自体は違法ではないようです。(法律の改正で誰でも?通貨の販売というか両替や換金、交換などが出来るようになったようです。)

但し業務として大量に販売している場合は通産省?(←自信がない)への申請がいるようなことも書いてありました。

一般的なFXや外国為替と違って今回のケースも現物(イラクディナール紙幣)の販売なのでややこしい申請や口座開設みたいなことをせずに買えたという事でしょう。

おそらく販売者さんは現地にスタッフや関係者が居て、直接、外国から輸入しているのだと思います。

ですから国内での販売価格は為替レートに送料や交換に掛かる手数料、販売費用などのコストが上乗せされているんでしょうね。

そう考えると実際の為替レートからみて換金に掛かる手数料が高いと思うか安いと思うかは個人差がありますが、手間暇からみて私は中間コストをそれほど高く取っていないな~と思います。

私もどうにかして輸入してイラクディナールの販売をネット通販でやってみようかな。

まあ、お客様を集める手段が無いので私が外国の通貨を取り扱うのは無理そうですね。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/22 15:10 ] 販売 | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールでFX

イラクディナールのFXってあるのか調べたけど無いようですね。(FXがあったらゴメン)

ドルやユーロなどのFXは一般的で投資として個人投資家が高いレバレッジで大量にトレードしているチャートと毎日にらめっこしている方も多いようですが、得をしている人はどれくらいいるんだろう。

ニュースでは初心者でも儲け過ぎて確定申告の税金などで捕まる人も出るほど稼げている予想とイメージがあります。デイトレードなんかでも同じようなことが予想されますが。

また自動売買ソフトとかもあってほっといても利益を確定しながら売買することが出来るようなことも見かけますがそれほど簡単ならだれも苦労しないと思いますが、どうでしょうか。

もし出来るようであれば値動きの激しい通貨でFXをしてイラクディナールの紙幣購入とかをせずにほったらかしで資産倍増計画をしてみたいものです。

まあ、世の中の景気を見れば投資アドバイザーやソフトに頼りたくなるのも判りますが。

しかしFXにしても所詮、自己責任の元で行う必要があるということと、自分の方針や考えのうえで行うという姿勢がないまま他人に頼っているうちは無理じゃないかな・・・と思うのは私だけでしょうか?

もっともイラクディナールだろうがFXするほどの資金力はありませんが。(笑)

心配し過ぎて勝機を逃しているのかもしれませんが、大損こかないように値動きの心配をしているだけのお金と心理的な余裕がないので今は辞めておきます。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/22 00:04 ] fx | トラックバック(-) | コメント(-)

イラクディナールの価格

イラクディナールの価格は日本ではそのまま購入できないので実際の為替レートよりも手数料にしてもかなり高くなってしまいます。

通常の価格に極力近い値で手数料を抑えて買うには現地に行って銀行などで直接両替するくらいしかないのですが、とはいっても渡航費用や休み足らねばならないことなどを考えると多少高い価格でもイラクディナールを日本で販売しているネット販売している人や会社から買う方が結果的には安くあがるようです。

海外では一部の国で取り扱いがある金融機関もあるようですが、日本国内の大手業者では扱っているところがないようですので、こういった方法でしか出来ないみたいです。

先日、イラクに渡航した知り合いがいたのですが知ったのは帰ってきてからだったので直接銀行で換金してもらうことは出来ませんでした。

もし、事前に知っていたら彼に日本円を渡して現地の両替屋さんなどでそのままのレートのイラクディナールの価格で換金してもらえればよかったんですが本当に残念です。

まあ、多少の値動きで売り買いするものではなく、当分の間は寝かしておいて、数百倍の価値になるまで待つつもりのものですから、購入時の多少の価格の違いはあまり気にしていません。(笑)

でも何かのチャンスに大量に購入するようなことがあれば、この差額もバカになりませんから気にしようと思います。

今のところ当面は資金(へそくり)がありませんので・・・そのチャンスが来るかどうかは未定ですが。 イラクディナールを購入したので為替レートと販売、両替と投資について
[ 2009/06/20 17:06 ] 価格 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。